Spacer

Good Beans

「ファッキング ストロング コーヒー」というインパクトあるブランド名で、スペシャルティコーヒーを販売するGood Beans。大学、大学院で文学を学んだのち、ひょんなきっかけから足を踏み入れたスペシャルティコーヒー業界が「退屈でつまらない」と語る共同経営者のコーディーさんに話をうかがった。 オルタナティブをつくる“独立宣言” お高くとまったスペシャルティコーヒーブランドは好きではありません。だから私たちは独自のブランドをつくりました――。これはある意味、スペシャルティコーヒー業界の標準的なスタンスやイメージからの“独立宣言”だ。 「誤解のないようにお伝えしておくと、スペシャルティコーヒー自体はすばらしいものだと思っています。品質や細部へのこだわり。トレーサビリティーや文化的な盛り上がり。それから、焙煎技術に生産地とのパートナーシップ……。これらはわれらが愛するスペシャルティコーヒーの何物にも代えがたい価値でしょう。 でも残念なことに、現在のスペシャルティコーヒー業界で目にする言葉やブランド、イメージ、SNSでの見え方は、ある意味モノトーンでつまらなく、創造性に欠けています。また、『アナエロビックファーメンテーション』や『ジューシー』など、多くの人には理解できない技術的、説明的な言葉が...

Good Beans

Find Roasters!

寻找您附近的烘豆師